パン

お土産にも人気!東京駅構内のあんぱん専門店【東京あんぱん 豆一豆】@東京都千代田区(東京駅)

今回は、東京駅構内にあるあんぱん専門店のご紹介。

名前は、【東京あんぱん 豆一豆(まめいちず)】
店名には「豆に一途に」という意味が込められ、その名の通り扱うのはあんぱんのみ!
定番から季節限定、変わり種など、様々なバリエーションのあんぱんが楽しめる”あんぱん専門店”です。

早速、お店の様子や人気のパンなど詳細をお伝えします。

外観・お店の様子

エキュート東京は、東京駅構内にあるお弁当やお惣菜、お菓子、雑貨など、旅のお供やお土産品を扱うお店が軒を連ねるエリア。
この一画に、豆一豆はあります。

参照:エキュート エキュート東京

場所は、丸の内南口と丸の内中央口の間あたり。
新幹線の方は、南乗換口から直進してください。

店内には、バリエーション豊かなあんぱんがずらっと並んでいます。

季節によってラインナップがどんどん変わっていくので、来るたびに新しいあんぱんに出会える楽しみも◎。
あんぱんに溢れたショーケースは、見ているだけでもわくわくです。

いわお

店舗横は、共有のイートインスペース。
購入後すぐに食べることができるよ♪

どんなお店?

珍しいあんぱんに出会える!あんぱん専門店

豆一豆は、ジェイアール東日本フードビジネス株式会社が運営するあんぱん専門店。
豆一豆とFC契約を結び、店舗はこの東京駅構内のみです。

定番のあんぱんから、見たことのない珍しいあんぱんまで様々なバリエーションのあんぱんを展開。
季節限定の商品などラインナップがコロコロかわるので、行くたびに新しいあんぱんに出会える楽しみがあります。

甘さ控えめ<しっかり甘いあんぱん

豆一豆が目指すのは、「しっかり甘いのにあっさりした現代のあんぱん」。
最近はダイエットや健康志向で”甘さ控えめ”が当たり前になってきている中、敢えて甘さにこだわって作られています。

どれを食べてもしっかり甘いのに、なぜかくどさを感じずペロっと食べられる不思議なあんぱんです。

一番人気は【東京レンガぱん】

東京駅赤レンガをモチーフにした、お土産人気商品『東京レンガぱん』。あんぱん専門店らしさを追求した、豆一豆こだわりの、赤練り餡・特性クリームを小豆入りのふっくらで、しっとりとしたパンで包みました。

【東京駅】の焼印がどーーーーーんと押され、大きく厚みがあるレンガ形が印象的な東京レンガぱん。
1日4000個以上売れることもあるという、豆一豆の看板商品です。
メディアにも数多く取り上げられており、旅行者やビジネスマンの東京土産としても人気で、夕方に完売することも少なくないのだとか。

生地は小豆入り。
さすがあんぱん専門店、生地にも小豆を入れるこだわりっぷり。

中はこしあんと、ホイップクリームのようなふわふわのクリームの2層構造。
こしあんの量もすごいけれど、特にクリームの量が半端なく、食べていてもあんこよりクリームの存在感に圧倒…!
!そして、この特性クリームがしっかり甘い。

ふわふわクリームと滑らかなあんこで食感が軽く、しっかり甘くて重量感があるけれど、ペロッと食べられてしまうから不思議。

いわお

バランスをかなり考えて作られているのを感じる!

”ものすごくおいしい!”とまではいかないものの、洗練されすぎていない味が良いところでもあるあんぱんです。

賞味期限は?

賞味期限は、製造日を含め3日間。
クリームの入った商品のため、リベイクは×。
冷やして食べるとおいしいので、冷蔵庫での保存してそのまま食べるのがおすすめ。

値段は?

1個287円(税抜き)とお高め。
あんぱん2個以上の食べ応えを感じることとと立地を考えると、満足できるお値段です。

その他、商品をご紹介

東京あんパンケーキ(480円)

全国のあんこ好きに送る。パンケーキで北海道十勝産の低糖あんとバターを大納言かのこでコーティングしサンドしました。

十勝小豆がなんと120g!
驚きの量のあんこが楽しめる、あんこ好きにはたまらない魅惑のパンケーキです。

パンケーキは国産小麦が使用されふっくら食感。
しっかり甘い、昔ながらのホットケーキといった感じ。

小豆は、甘さ控えめの粒あんを大粒の大納言かのこがコーティングする贅沢な2層構造。
大納言かのこが食感の良いアクセントに。
あんこは120gとものすごい量ですが、バターの塩味と甘さ控えめの味付けでどんどん食べ進められます。

あんこが存分に楽しめる、あんこ好き必食の一品。

東京チーズレンガぱん(319円)

中身が3層仕立て!2種のチーズとあんこが絶妙な味わいのレンガパンです。北海道産小麦「ゆめちから」を使用した、もっちり生地で包みました。

1番人気の商品「東京レンガぱん」のチーズ味が新商品で登場。
こちらは焼き印が英語。
生地にあんこは練り込まれておらず、すっきりとした印象です。

使用されている強力粉「ゆめちから」は、粘りが強く、もちもちの食感になるのが特徴。
東京レンガぱんはパサつきが気になったけれど、こちらはもっちりしっとりした甘味のある生地です。

中は、甘さ控えめの粒あんと2種のチーズ入り。
ホイップクリームのような軽いさっぱりしたチーズと、ベイクドチーズケーキのようなしっとり濃厚なチーズがたっぷり入っています。
軽めのチーズの方が量が多いので、あんことチーズでくどいかな…と思いきや、意外とさっぱりしていて食べやすい!

いわお

個人的には、東京レンガぱんよりおすすめ!

場所・アクセス

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 エキュート東京 東京駅改札内 1Fサウスコート

駐車場

なし

公共交通機関利用の場合

JR・私鉄各線 東京駅(JR東京駅構内)

まとめ

東京駅構内のあんぱん専門店のご紹介でした。
衝撃的なおいしさではないものの、様々なあんぱんのバリエーションと新しい味に出会いたくて立ち寄りたくなってしまうお店です。

旅行や出張など、東京駅を利用する機会がある方はぜひ足を運んでみてください♪

店舗情報

  • 住所
    東京都千代田区丸の内1-9-1 エキュート東京 東京駅改札内 1Fサウスコート
  • 電話番号
    03-3211-9051
  • 営業時間
    【月~土】8:00~22:00
    【日・祝】8:00~21:00
  • 定休日
    エキュート東京の定休日に準ずる
  • 駐車場
    なし
  • イートイン
    共有スペースあり
  • ホームページ
    https://www.ecute.jp/tokyo/shop/378
ABOUT ME
いわお
いわお
夫と一歳の息子の3人暮らし。 ”なかなか検索に出てこない”そんな悩みにお応え出来るよう、痒いところに手が届く子育て情報を載せていきます。ときどき愛してやまないパン情報も発信中。
こちらの記事もおすすめ!