子育て

SNSで話題【Nattouプレイマット】使用してわかった詳細お伝えします

ベビージムとは、アーチにおもちゃが吊り下げられている、ねんね期の赤ちゃんでも遊ぶことのできるおもちゃの一つ。
赤ちゃんの知育玩具として人気です。
素材や色使い、キャラクターものなど、多くのメーカーから様々な商品が販売されていますよね。

そんなベビージムですが

「もう少し落ち着いた色味のものがいいな」
「お部屋の雰囲気に馴染むものが欲しい」

「お洒落で機能も充実しているものないかな」

と思っている方も多いはず!

そこで話題になっているのが、とにかく可愛い!とSNSで評判の【Nattuプレイマット 】。

いわお

この商品、かわいくてすごく気になるけど、口コミや情報が少ない…。お値段も安くないし、実際にどんな感じか情報がもっとほしい!

そこで今回は、わたしが実際に購入し使用した情報を含め、Nattuプレイマットの詳細をお伝えします。

記事を読む前に商品について確認したい方は、下記リンクから見ることができます↓


Nattuとは

1988年にベルギーで誕生し、世界中の大切なベビーのために様々なおもちゃやソフトトイを作り続けているNattou(ナチュー)。 デザイナーは幼児の発育専門家であり、製品は最新の研究に基づいて作られています。生地、裁縫、縫製、さらには仕上げと梱包まで、ヨーロッパの安全基準を満たすために徹底的にチェックされており、安心して遊ばせることができます。

出典:株式会社ザッパラス cuna select ナチュー プレイマット

Nattuは、ヨーロッパ・ベルギーのソフトトイブランドです。
ヨーロッパというだけで、なんとなくおしゃれな感じ。笑

ヨーロッパのおもちゃは品質とデザインに定評あり!

ヨーロッパのおもちゃブランドで有名なのが、ボーネルンドやブリオなど。
一度は聞いたことがあったり、おもちゃ売り場で見かけたことがあるかもしれません。
いずれのメーカーも独特の色使いや、デザインが個性的で魅力的だったり、品質に定評のあるものばかり。
そして、結構なお値段。笑

日本では、おもちゃはある程度数を揃え、消費していくことが主流。
しかし、ヨーロッパではおもちゃを滅多に買わず、その分購入するものは高額。遊ばなくなっても、インテリアとして楽しんだり、世代を超えて代々引き継ぐものもあるんだとか。

おもちゃ=世代を超えて引き継ぐもの
     一つのインテリアと捉える

おもちゃに対する文化・価値観の日本との違いが明白です。
日頃から芸術に触れ楽しみ、芸術文化が根付く国ならではの価値観だなと。

ヨーロッパのおもちゃが高品質と言われるのも、少々値が張るのも”代々引き継いでいく文化”と聞いて納得しました。
また、色使いやデザインがお洒落なものばかりなのも、”おもちゃも一つのインテリアとして捉える文化の違い”からくるのもなのです。

このことを知って、ヨーロッパの製品は”かわいい”だけでなく、安心して使うことができる!とかなりポイントあがりました。

Nattuプレイマット バリエーション

Nattuプレイマットのバリエーションは全部で7色5色です。

※以前は7色展開していたのですが、5色に減った様子…。
さらにバリエーションが減る可能性も0ではなさそうなので、気になる方は早めの購入が良いかもしれません…!

  1. ファニー&オスカー・ティム
  2. サム&トビー
  3. バジル&モリー
  4. シャルロット&ローズ←現在欠品中
  5. アレックス&ビボー
  6. アデル&バレンティン
  7. ニナ&ジェイド・リリー
参照:cunaselect ナチュー プレイマット

どの色もスタイリッシュで素敵。
それぞれ、吊り下げおもちゃやベビーマットのおもちゃが少しずつ異なるので、しっかり確認するのがおすすめです。

プレイマットのご紹介

Nattuプレイマットですが、赤ちゃんがごろんとするプレイマットと、吊り下げおもちゃのついたプレイジムの2つのパーツがあります。

今回記載するのは、わたしが購入したサム&トビーになります。
販売終了となってしまった可能性がある種類ですが、素材や機能などは大きく変わらないと思うので、参考にしてみてください。

プレイマット部分

Nattuプレイマットのプレイマット部分には、4つのおもちゃが付いています。
どれも赤ちゃんが好きなものばかり。
早速見ていきましょう。

ミラー

赤ちゃんが大好きと言われるミラー。
ミラーがついている商品が欲しかったので、ここも購入のポイントになりました。

ミラーと言っても、赤ちゃんが安全に遊べるようくにゃくにゃ曲がる柔らかい素材でできているので、安心して遊ばせられます。
息子もミラーが大好きで、ミラーを見ては舐めるを繰り返して、たくさん遊んでいました。

ボール

素材はマットと一緒でふわふわの柔らかい生地。
白、グレー、水色(ドット柄)の3色がお洒落です。
大きさはテニスボールほど。
揺らすとカラカラと優しい音が鳴ります。

素材は、こちらもマットと一緒でふわふわの柔らかい生地です。
触るとクシャクシャと音が鳴ります。

赤ちゃんが大好きな紐もついています。
息子も気になるようで、力強く引っ張って遊んでいました。

プレイジム部分

アーチには、おもちゃが3つ付いています。

ぬいぐるみ

中央には、取り外し可能なぬいぐるみがついています。
マジックテープで、簡単に取り外すことが可能。
汚れてもお手入れが楽です。
かつ、ベビーカーに付けることができるので、お出かけに持っていくこともできます。

素材は、マットと同じ素材が使われていて、ふわふわ柔らかい。
揺らすと優しい音が鳴ります(音は小さめ)。

ふくろう

素材は、ぬいぐるみと同様です。
こちらも、揺らすとカラカラと優しい音がなります(音は小さめ)。
取り外しはできない仕様です。

ドーナツ

素材は、ぬいぐるみと同様です。
こちらは、触るとクシャクシャと音が鳴ります。
ふくろうと同様、取り外しはできない仕様です。

Nattuプレイマット ここがよかった!

気持ち良い素材

ベビージムの主な素材は、<布製><プラスチック><木製>の3種類。

Nattuプレイマット は布製です。
布製を選んだ理由は、多くはプレイマットもセットになっているから。

我が家はベビーベッドを買わなかったので、布団をリビングに置いて息子をゴロンとさせていました。
”プレイマットも一緒であればとても助かる…!”
というのと、お部屋のスペースが限られているので”お昼寝用のマットと兼用したい”と思い、布製に決めました。

Nattuプレイマット全体的に厚みがあり、毛布のような柔らかい素材です
赤ちゃんがゴロンとする部分は厚手の毛布くらいの厚みがあり、ふかっとしていますお昼寝で使用していたのですが、フワフワで気持ちいいのかぐっすりでした。

周囲の高さのあるクッション部分が、子供とゴロンとするときの自分の枕にちょうどよく、一緒に寝てしまうことも多々。笑
家族で気持ちよく、使い続けることができました。

綺麗な状態で使い続けられた

赤ちゃんが使うものだからこそ、清潔に保つために、こまめな洗濯などのお手入れは必要不可欠。

Nattuプレイマット手洗いが可能(私は洗濯機で洗っていました。笑)なので、自宅でお手入れしていました。
そこで気になるのは、布製ならではの生地の毛羽立ちや毛玉などの劣化。

息子の吐き戻しが多々あり、マットが汚れる度に洗濯するようにしていました。
頻繁に使用していたのは4〜5ヶ月程でしたが、気になる劣化はなく、ふわふわで気持ちの良い、綺麗な状態で使用できました。

高品質で耐久性が高いのは、前述したように”おもちゃを世代を超えて引き継いでいく文化”のあるヨーロッパの製品だからこそですね。

お手入れしやすい設計

プレイジムのアーチ部分とプレイマットは、サイドリリースバックルでつなぐようになっており、カチッと簡単に取り外しができます。

赤ちゃんが使う以上、お手入れの頻度は多いもの。
だからこそ、取り外しが面倒でなく、洗濯が億劫にならなかったは大きなポイントでした。

インテリアに馴染む色

Nattouプレイマットが気になっている方は、ここが大きなポイントになっている方が多いと思います。

実際に届いて実物を見てもとてもいい!可愛い!!
部屋に馴染む色合いでとても気に入っています。写真とのイメージ違いもありませんでした。

おもちゃもインテリアの一部と考えるヨーロッパの商品だからこそ、インテリアに馴染むシックな色合いで、洗練された雰囲気なのだと思います。
日本のカラフルな色使いやキャラクターものもとっても可愛いですが、”インテリアに馴染む”観点で探すと、見つけるのがなかなか難しい…。

”こんなデザインのものがあればいいのに”を叶えてくれた商品です。

デメリットもあります

基本は手洗い

お手入れ方法は、30℃以下の水で手洗いとされています。
(私は洗濯機で洗ってしまっていましたが)お手入れは洗濯機を使用できないので、少し手間に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、生地の厚さのわりに早く乾くので、汚れた部分だけささっと洗ってお手入れすることは手軽にできると思います。

その他、”アイロン掛け、ドライクリーニング、タンブラー乾燥、漂白剤の使用はお控えください”とされています。

コンパクトに収納できない

ふっかふかで厚みのある生地が魅力の一つですが、その分、収納はややかさばります。
送られてくる時に専用のビニール袋に入っているので、その袋に入れて収納するのが良いと思います。

海外と比べると、日本の家は小さめなので、”コンパクトに収納する”という概念がないからかもしれませんね。

収納面を重視する方は、サークル型よりもシンプルなスクエア型プレイマットの検討がおすすめ。
色味はワントーンカラーで、サークル型と同様お洒落な色合いが素敵です。

参照:cunaselect ナチュー プレイマット

定価12,800円ですが、現在、限定で3,000円OFFの9,800円になっています!

すでに人気色は欠品しているので、購入を検討されている方は早めに確認してみてください。

下記リンクより、販売元のcunaselectのホームページが見られます。
在庫状況も記載があるので確認してみてください↓



気になる口コミ

ここで、口コミの一部を紹介します。

赤ちゃん用となるとカラフルなものが多い中
シンプルなアイテムでそろえたインテリアにピッタリ!素材もふわふわで娘は遊んだ後
お昼寝もぐっすり寝てくれます。

出典:株式会社ザッパラス cuna select Nattouのレビュー一覧

とにかくお洒落な色合いで部屋のテイストにも合わせやすく
とてもお気に入りです。
娘も気に入ってくれていてとても満足しております。
出産間近の友達、いてるので是非オススメしたいと思います。

出典:株式会社ザッパラス cuna select Nattouのレビュー一覧

色々探していたのですが、中々 お部屋に合う、優しい色合いのプレイマットはありませんでした。はじめてナチューのプレイマットを見た時は、完全に一目惚れ! 部屋の雰囲気を壊す事なく、赤ちゃんのプレイエリアとして大活躍です!!肌触りが良く、気持ち良いのか、よくプレイマット内でお昼寝をしています。片手でヒョイっと持ち上げれるほど軽いので、寝室、リビングなど持ち運んで家事の間は目の届くところで遊ばせる事ができます。

出典:株式会社ザッパラス cuna select Nattouのレビュー一覧

独特のお洒落な色合いや、ふかふかの素材が気に入っている方が多い様子!
「出産祝いで購入したい」という口コミもありました。

マイナスな評価のレビューは今のところないようです。

購入方法

Nattuプレイマットは、Amazonや楽天では販売されていません。
キッズ&ベビー用品のオンラインセレクトショップcuna select(クーナ・セレクト) 、またはBUYMAでも取り扱いがあります。

購入するなら、断然cuna select(クーナ・セレクト)がおすすめです!
というのも…

  • 値段が全然違う(クーナ・セレクトが安い!)
  • 正規品が確実に購入できる
  • 8,000円以上(税別)で送料無料

クーナ・セレクトでは、在庫状況もしっかり書かれているので、気になる商品の状況をすぐに確認できます。

下記リンクより、クーナ・セレクトのプレイマットのページが見られます。
nattuプレイマット以外にもおしゃれでかわいい商品が盛りだくさんなので、他のページを見てもわくわくしますよ



こんな人におすすめ

  • インテリアに馴染む、おしゃれなプレイジムが欲しい
  • 触り心地も重視したい
  • お昼寝マットと兼用したい
  • 出産祝いを検討している

まとめ

ベビージム、プレイマット自体の購入を迷っている方もいらっしゃると思いますが、結果、私は買ってよかったです。
ねんねの時期は特に、何をしてあげればいいのか、何をして遊ばせればいいのかわからなかったので、とても重宝しました。

赤ちゃんに喜んでもらうには何がいいのか、一つのおもちゃを購入するのも迷ってとても大変だと思いますが、情報のひとつとして参考になれば幸いです。


ABOUT ME
いわお
いわお
夫と一歳の息子の3人暮らし。 ”なかなか検索に出てこない”そんな悩みにお応え出来るよう、痒いところに手が届く子育て情報を載せていきます。ときどき愛してやまないパン情報も発信中。
こちらの記事もおすすめ!