子育て

【0歳児】買ってよかった!大活躍のおもちゃ10選

赤ちゃんのおもちゃ。
数多くのメーカーから、可愛くて機能的な商品が販売されています。
お店に行くとたくさんあり過ぎて、どのおもちゃを買っていいのかわからないですよね。

どのおもちゃを買ってあげたたら喜ぶかな?
たくさん遊んでくれるのはどれかな?
今の月齢では、どのおもちゃがいいのだろう?

そんな疑問をお持ちのパパママも多いはず。

そこで、1歳を過ぎた息子が、0ヶ月~12ヶ月に大活躍したおもちゃをピックアップしました。
<0ヶ月~6ヶ月><7ヶ月~12ヶ月>に分けてご紹介します。

0ヶ月~6ヶ月

新生児から見える! 聴こえる! チャイム

参照:ピープル株式会社

ピープル株式会社から発売されているチャイム。
ピープルは知育おもちゃ老舗の会社で、一癖あるユニークな商品が多く、思わず手にとってしまうものばかりです。

✔︎ 0ヶ月から使用可能

0ヶ月から使用可能なので、退院後すぐ使えるおもちゃです。
出産前に購入しておくのがおすすめ。

✔︎ 綺麗な音

ピープルのチャイムですが、まず音がいい。
昔ながらの、なんともいえない懐かしい綺麗な音がします。
音は比較的大きめで、赤ちゃんの泣き声に負けません。笑

✔︎ 寝かしつけにも活躍

息子は、生後2ヶ月くらいまで日中はほぼ泣いているような子でした。
抱っこしても、授乳しても、オムツを替えても何をしても駄目。
しかし、このチャイムを鳴らしながら抱っこでゆらゆらすると、落ち着くのか寝てくれるようになったのです!

音は大きめですが、寝かしつけに活躍してくれた、わたしにとっての神アイテム。

うちの赤ちゃん世界一 新生児から遊べるベビージム

参照:ピープル株式会社 うちの赤ちゃん世界一 新生児から遊べるベビージム

チャイムと同じくピープルから発売されているベビージム。
この商品、10ヶ月くらいまで、息子の一番お気に入りのおもちゃでした。

✔︎ 0ヶ月から使用可能

0ヶ月から使用可能なので、退院後すぐ使えるおもちゃです。
新生児期から遊べるベビージムは少ないので、ありがたいアイテムでした。
出産前に購入しておくのがおすすめ。

✔︎ 鮮やかな色と音で五感を刺激

赤ちゃんの横に置いて、鈴入りのボール、くまのチャイム、ちょうちょのプレートを揺らして楽しみます。
ボールを鳴らしたり、くまを掴んだり、ちょうちょを噛んだり、忙しそうにたくさん遊びます。笑

✔︎ 小さな赤ちゃんでも手に届く、触りやすい設計

大きさは、幅39cm高さ23cm奥行き12cmとコンパクト。
高さが約23cmと低いので、小さな赤ちゃんも触りやすかったこともあり、たくさん触って握って遊んでいました。

⚠️ 倒れやすい

軽量でコンパクトのため、倒れやすいのが難点です。
すぐ戻せますし、そのうち担いで遊び始めたので、わたしはあまり気になりませんでした。

オーボール ラトル

参照:ラングスジャパン

オーボールは、世界中で大人気の知育玩具の定番。幼児が初めて触るスポーツボールです。
ベビーカーにぶら下がっているのを見かけたことがある方も多いはず。
オーボールラトルは、オーボールにビーズの入った透明なラトルがはめ込まれている、ラトルの機能がついた商品です。

✔︎ 安心のブランド力

オーボールは、世界で最も人気のある赤ちゃん用ボールブランド。
世界・日本ともに、赤ちゃん用ボールでNo.1シェアなのです。
日本国内では、年間約70万個が出荷されているのだとか。
赤ちゃんが日々遊ぶものだからこそ、長年人気のあるものは安心して使えますよね。

✔︎ 小さな手でも握りやすい設計

オーボールは網目が細かく、まだ小さな赤ちゃんの指にも絡まりやすくできています。
握ることが難しい赤ちゃんでも、指に引っ掛かかるので自分で動かして遊ぶことができるのです。
後ほど紹介する『ボリィ』より握りやすいので、月齢の小さな赤ちゃんほどオーボールの方が遊びやすく、重宝します。

✔︎ 様々な場所で活躍

穴に紐を通して、ベビーカーやカバンにつるしたり、お風呂の中で遊べるなど活躍のシーンは様々。大きくなってきたら、蹴ったりキャッチボールで遊ぶことも。
軽量かつ柔らかい素材でできているので、赤ちゃんに当たっても痛くなく、安心して遊べます。

⚠️ 噛みにくい

乳歯が生えてくる頃の赤ちゃんは、歯茎がムズムズするので、色々なものを舐めたり噛んだりします。
オーボールは、網目が細かいが故に、噛もうと口に入れたいのに入らないため、赤ちゃんがイライラしてしまうことも…。
息子は生後5ヶ月以降、後述のボリィの方が噛みやすいため、オーボールはあまり遊ばなくなりました。
ただ、それまでは圧倒的にオーボール派だったので、小さな月齢の赤ちゃんほどこちらがおすすめです!

ボリィ カラフルラトル

参照:株式会社カミング オゴスポーツ ボリィ

ボリィはボール型歯固めで世界中で愛される知育玩具の定番。
オーボールと同様、ベビーカーにぶら下がっているのを見たことがある人も多いのでは?
ボリィカラフルラトルは、ボリィにラトルの機能を加えた商品です。

✔︎ キッズデザイン賞受賞

ボリィは、2017年キッズデザイン賞を受賞しています。
キッズデザイン賞は、子どもと、子どもを産み育てる社会作りに貢献しているデザインを表彰する制度。子どものことを考えて作られたデザインだからこそ、受賞できた製品です。
それだけで安心感がありますよね。

✔︎ 赤ちゃんが遊びやすい素材

ボリィは、伸縮自在で柔らかく、くにゃくにゃする素材。
握力のない赤ちゃんでも、引っ張ったり伸ばしたり、自分の手で形が変わること感じながら遊ぶことができるので、夢中で遊びます。
歯固めとしても、噛み心地が良いのか、気づくとよく噛んでいました。
歯固めとしても、おもちゃとしても、とっても優秀です!

✔︎ 様々な場所で活躍

オーボールと同様、穴に紐を通して、ベビーカーやカバンにつるしたり、お風呂の中で遊べるなど活躍のシーンは様々です。

⚠️ 小さな月齢では使いにくいことも

網目が大きいことから、月齢の小さいうちは掴みにくい可能性が。
息子は、指に絡みにくく重みもそこそこあるので、遊びにくい様子…。
4ヶ月くらいまではオーボールの方が気に入っていました。
しかし、歯がむず痒くなってくる時期くらいから、徐々に遊ぶように!
おもちゃを口に入れるになってからは、断然ボリィがおすすめです。

キリンのはがため

参照:株式会社エジソン販売  キリンの歯がため

エジソン販売から発売されている、キリンの形の歯固めです。
足や頭、全身噛みまくり!近くにないと、『取って!』と要求されるほどよく使っていました。

✔︎ 小さな手にも持ちやすい形状

キリンの足を持ったり、首元、顔など、小さな手でもどこかしら指に絡んで
持ちやす
い形状です。

✔︎ 様々な模様の形が歯茎をマッサージ

キリンの凸凹模様が、赤ちゃんの歯茎をマッサージします。
息子は、噛み心地が心地いいのか、ガシガシたくさん噛んで遊んでいました。
外出時、これを噛んでいればしばらく大人しかったので、とても心強い存在でした。

✔︎ 外出時も便利

キリンのしっぽに穴があるので、紐を通してベビーカーやカバンにつるしたりでき、外出時もなくす心配がありません。

Nattou プレイマット

参照:株式会社ザッパラス cuna select ナチュー プレイマット

ねんね期に大活躍のプレイマット。
我が家は、ベルギーのおもちゃメーカー『Nuttu』のプレイマットを購入。
プレイマットは使う期間が短いですが、ねんね期に何をしてあげればいいのか、どのように遊べばいいのかわからず悩んでいたので、わたしは重宝しました。

詳細はこちらの記事へ

✔︎ ふわふわ素材が気持ちいい。お昼寝マットにも◎

柔らかく、毛布のような生地でできていて、とても気持ちいいです。
アーチ部分は簡単に取り外すことができるので、遊ぶのはもちろん、お昼寝マットとしても活躍してくれました。

✔︎ 独特のお洒落な色合い

Nuttuプレイマットといえば、このお洒落でインテリアに馴染む色合い。
インテリアに馴染むシックな色合いが珍しい商品です。
芸術文化が根付く、ヨーロッパブランドならでは。

⚠️ 収納はかさばってしまう

ふっかふかで厚みのある生地が魅力の一つですが、その分、収納はややかさばります。
送られてくる時に専用のビニール袋に入っているので、その袋に入れて収納するのがおすすめです。


7ヶ月~12ヶ月

アンパンマン 天才脳つみかさねコップ

参照:株式会社アガマツ アンパンマン 天才脳つみかさねコップ

アンパンマンのコップのおもちゃです。
カップが10個ついており、カップの裏面には、10キャラクターのイラストと数字が入り、10までの数も学べます。

✔︎ アンパンマンって偉大

購入時、息子にアンパンマンを見せたことがなかったにも関わらず、最初からアンパンマンの絵柄に夢中!
10個のコップは、全て違うキャラクターが描かれていて可愛いです。
1歳半前後には『ジャムおじさんどれ?』など、クイズをしながら遊んでいます。
アンパンマンというだけで、子どもの集中力と使える期間がだいぶ変わるなと実感しています。

✔︎ 遊び方いろいろ

月齢別に遊び方はいろいろ!長く使えます。
生後7ヶ月頃購入しましたが、最初はカップ同士をカチカチ鳴らしたり、大人が積み上げたコップを倒すことからスタート。
ハイハイするようになってからは、自分でコップを転がして追いかけて遊びはじめました。
1歳以降は、コップを重ねたり、アンパンマンの絵柄を使って遊んだり、少し難易度の高い遊びもこのコップでできちゃいます。

バイリンガル・ラーニングボックス

参照:マテル・インターナショナル株式会社 バイリンガル・ラーニングボックス

5つのパネルで指遊びがたくさんでき、日本語と英語でおしゃべりをするバイリンガル知育玩具です。
フィッシャープライスは、世界No.1のベビー・プリスクールトイブランド。世界No.1の売上・シェアを誇り、世界38カ国に拠点を持ち150カ国以上で販売されています。

✔︎ 指遊びの仕掛けが盛りだくさん

  • カバさんが大きなお口をあーん!中からブロックを取り出します。
    原因と結果を学びます。
  • 歌うパタパタ絵本!ちょうちょの絵本をめくるとABCの歌と数え歌が流れます。
  • 色と数のおしゃべりダイヤル!バイリンガルでおしゃべり!色と数が覚えられます。
  • 5つのパネルでたくさん指遊びができる

たくさん仕掛けがあるので、1歳半を過ぎた今でも毎日楽しそうに遊んでいます

✔︎ 成長に合わせて長く遊べる

お座りができるようになってから、とても重宝します

最初は、ブロックを舐めてカチカチさせるのがお気に入りでした。
徐々に、ボタンを押す、ブロックの型はめなど、少し難しい要素に移行して遊んでいきます。
今は、受話器で”もしもし”と電話の真似をするのがお気に入り。笑

成長に合わせて長く遊べる、コスパ抜群のおもちゃです。

スロープトイ

お座りができるようになった赤ちゃんから、楽しく遊べるおもちゃです。
今回は、おすすめの2つをご紹介します。

くるくるスロープ

株式会社ニチガン くるくるスロープベーシス 

1977年から続く、スロープ玩具のロングセラー商品。
4色の車・4色のボール・連結車がスロープを滑り落ち、動きと音を楽しむ知育玩具です。
1歳半を過ぎた今でも大好きなおもちゃです。

✔︎ 動きと音に夢中!

気に入りすぎて、我が家では一度始めるとエンドレス。笑
特に、車が滑り落ちていくのが楽しいらしく、釘付けです。
9ヶ月頃は、自分で車やボールを穴に入れることができなかったので親が入れていたのですが、親がやるだけでも大喜び
単純な作りがわかりやすくていいんですかね。
次第に自分でできるようになり、集中して繰り返し遊んでくれます

✔︎ 音がいい

車が降りていく音が、何ともいえない優しい音です。
この音を聞いているだけでも安らぎます。

にぎって!おとして!光るくるコロタワー

こちらは、アンパンマンのスロープトイ。
アンパンマンの上から付属のボールを入れると、ボールが回転しながら落ちていき、同時にアンパンマンのおしゃべりとメロディが流れます。

✔︎ アンパンマンってやっぱり偉大

アンパンマンのおもちゃというだけで大興奮。笑
ボールは、アンパンマンの顔や、キャラクターがそれぞれ違っていてとても可愛いです。
大好きなアンパンマンと、ボールのくるくる降りていく様子に夢中です!

✔︎ 片付けも楽しくできる

お片付けのことまで考慮されているのがありがたい商品!
ボールの出口のバイキンマンがシャッターのようになっているので、遊ぶのを終えるのと同時に片付きます。
楽しくお片付けを学ぶこともできます。

⚠️ ボールがつまりやすい

一度ハマると子どもがばんばんボールを入れるので、よく詰まってしまいます。
すぐ直せますが、この手間がやや面倒です。

⚠️ パーツが取れやすい

子どもが倒してしまうと、螺旋の軸がズレてしまうことが。
1歳を超えると、アンパンマンの顔の蓋を自分で取るようになり、パーツを分解しはじめます。笑
自分では直せず呼ばれるので、この手間もやや面倒です。

風車

100円ショップの園芸コーナーに置いてある風車です。
あまり風車で遊ぶ赤ちゃんを見たことはないのですが。笑
これがないと怖くてお出かけに行けない、と思うほど大活躍だったのです。

くるくる回る動きに夢中

クルクル回るのが楽しいらしく、室内では自分の手で一生懸命回していました

音が出ないので屋外でも重宝

電車の中など、公共の場所では気になる”音”。
子どもが飽きないように、パパママは一生懸命です。
音の出るおもちゃは使用が難しいし、スマホの動画もあまりたくさん見せたくなかったので、音の出ない風車にとても助けられました。

まとめ

我が家で大活躍したおもちゃのご紹介でした。

お部屋の限られたスペースで、おもちゃを選ぶのはとても難しいと思いますが、一つの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いわお
いわお
夫と一歳の息子の3人暮らし。 ”なかなか検索に出てこない”そんな悩みにお応え出来るよう、痒いところに手が届く子育て情報を載せていきます。ときどき愛してやまないパン情報も発信中。
こちらの記事もおすすめ!